だいもん部長ブログ

垂れ耳さんのための【イヤーシュシュ】や、無添加ドッグフードなど
犬用品専門店【Bonbon(ボンボン)】の部長を務めるだいもんと、
店長おはらの日々の出来事を綴っていきます♪

無添加ドッグフードと犬用シャンプー通販専門店 ボンボン   良質なもののみを揃えた、わんこグッズのお店【ボンボン】
国産無添加ドッグフード、犬用ノンシリコンシャンプー、おもちゃ、フードボウル等など。              
ぜひあなたのパートナーに合ったものをお探しください♪
≫お店へ行ってみる♪

こんにちは、店長のおはらです。

最近ダンナの膝の上がお気に入りのだいもん。
ダンナがソファや椅子に座ると
「ねぇ、ねぇ、ねぇ」と後ろ2本足で立って、乗せてほしいとおねだりをします。

そして乗った後はこのドヤ顔(笑)

P3152872

私のはどうやら足の長さが足りず、フィット感が違うようで
ダンナのようには要求してきません。(ちょっとジェラシー・・・(≡ω≡)笑)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

さて、再発から4日目のお話です。
かかりつけの動物病院(手術していただいたところ)からご紹介いただいた、
眼科専門病院ありす動物クリニックへ行きました。

こちらの美人院長、アメコカを飼っていらっしゃるそう。
アメコカは飼育頭数でいくとそんなに多くないだけに、妙な親近感を感じてしまいました( ´∀`)

チェリーアイのこれまでの経緯を話し・・・
初診なので一通りの眼検査をしていただきました。

眼圧、眼底の様子、涙の量、など。
眼圧、眼底の様子は共にOK。

涙の量の標準は22mm/minの+-4程度だそうですが、
チェリーアイになっている右眼は15mm/min程度でした。

2週間ほど前、同じ検査を工藤動物病院でした時には
特に何も言われなかったので、正常値だったはず。

角膜炎と、チェリーアイ再発で涙量にも影響があったみたいです・・・。


そして、本題のチェリーアイ。

手元は見えませんでしたが、
瞼の上からか?指でだいもんの目頭をぐりぐりぐりぐりぐり・・・・・・

院長 「まっすぐになっているはずの軟骨(Tボーン)が、変形していますね」

そんな風に触るだけでわかるものなのだとびっくり!
眼科で評価が高いと言われている工藤動物病院でも
「手術してみないとわからない」とおっしゃっていたのに・・・スゴイ!

もしかすると、チェリーアイ再発から、
ずっと表に出てしまっている状態のまま長時間経ってしまい、
その間に形状記憶のようにして軟骨が変形してしまっているのかも、とのこと。

チェリーアイが出たままは、目が乾燥しやすくなったり、
炎症を起こしやすくなるので良くない、という話は聞いていたけれど、
軟骨にまでそんな影響があるとは・・・(;´Д`)

だいもんの場合再手術をするとしたら、
涙の量も少ないということで、涙を出す役割のある第三眼瞼腺はできるだけ傷つけないよう
ポケット法にプラスして、軟骨を削るor取るという手術になるとのこと。

こちらでお願いする場合には入院する必要はなく、即日帰れるそう。

P3152851
↑今回、病院で写真を撮れなかった&文字だらけなので中休み~。




心配していた全身麻酔についても、
院長 「スピードを要する眼の手術の場合には、血液検査に問題なければ、
    1週間しか経ってなくても(全身麻酔)しちゃうこともあります。大丈夫ですよ」
あっけらかんと。

・・・そ、そんなものなのかぁ・・・( ・Д・)

難しい手術だとか、神妙そうにお話されることがこれまで多かったので
なんだか拍子抜け・・・。

と同時に、
説明はとても親切で丁寧だし、もっと難しい手術もされているようで、
手術はこの病院でお願いするのが良いかも、という安心感が出てきました。

そして今度はピンセットの柄を使ってチェリーアイをぐいぐいぐいぐい・・・・・・・

なんと!チェリーアイが瞬膜の内側に収まりました!!!w(*゚o゚*)w

再発したチェリーアイは相当大きかったし、
かかりつけの病院でも、工藤動物病院でも中に押し込むという処置はされなかったので、
手術をせずに収めることなんて諦めていましたが、綺麗に収まりました!

院長 「中に入れても、出ちゃう子はすぐに出ちゃいます。30分様子を見ましょう。
     もし出ちゃったら、入れ方を教えてあげますから」

なんとーーー!!!
自分でできる方法を教えてくれるなんて!!!


チェリーアイにまたならないことを祈りながらも、
きっとすぐに、またチェリーアイになっちゃうんだろうなぁ・・・なんて思いながら、
30分ほど待合室で待っていたら、、、

・・・チェリーアイにならない!!!w(*゚o゚*)w

P3152828
だいもん 「収まりどころがよかったのかなぁ」




再度診察室へ。

院長も、「あれ、ならないですね!!」と驚きの様子。
「もしかするとこのまま手術が必要ないということもあるかも」と。

そ・・・そうだとしたらどれだけ嬉しいことか!!!(≧o≦)


角膜炎もまだ完治はしていないので、ひとまず1、2週間点眼をして様子を見ることに。

もしその間に、またチェリーアイになったらすぐに診ていただいて、その時に収め方を教えてくれるとのこと。
そしてその後も出たり引っ込んだりを何度も繰り返したり、
収めるのが難しかったりする場合には再手術を考えましょうと。

こちらの病院で手術をお願いする場合には、
ポケット法に4万円+軟骨の処置で2万円(+血液検査など)。

この数字も結構な金額だけれど、前の病院の数字を聞いていたら随分親切な金額に聞こえるわ・・・(*´ェ`*)


2014-03-23-00-45-55
↑工藤動物病院で処方していただいた「ロメワン」と、今回新たに処方いただいた「ヒアレイン点眼液0.3%」。
 この2つの組み合わせがとても良いそう。
 朝晩の1日2回、ロメワン⇒ヒアレインの順で5分~30分ほどあけて点眼。

************

恒例の費用公開です。

初診料    1,500円
眼検査   10,000円
処置料    3,000円 ・・・チェリーアイ整復
外用薬    2,400円 ・・・目薬
------------------------------
合計(税込)17,745円


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

そしてなんと、、、
↑のありす動物クリニックで見ていただいてから今日で10日、
まだ1度もチェリーアイになっていません!(o^∇^o)


でも、ちょっと瞬膜が腫れていたりすると、
「今日出てきちゃうんじゃないか」とドキドキします・・・

留守番中や寝る時、目を離す時には相変わらずエリザベスカラー着用。
いつを”完治”と呼べるのかどうかはわかりませんが、、、
来週あたりまた診ていただこうと思います。

P3142798
何ともない普段の生活がとっても幸せ。(●´ω`●)



ブログランキングに参加中です。クリックお願いします↓↓
bn_mura bn_ninki
応援クリックいつもありがとうございます☆

こんにちは、店長のおはらです。

だいもんのチェリーアイの記事が続いておりますが・・・
今日はボンボンのキャンペーンのご案内をさせていただきます☆

今回のキャンペーンは【'14春 レビューキャンペーン】です\(○^ω^○)/

campaign_2014spring

レビューを書いてくださるお客様・抽選で3名様に
『ドットわんお試しセット』をお届けします!

通常1,000円相当の商品が無料。もちろん送料も無料です♪

■お届け商品のご紹介
「天然食材だけで添加物を使わない、毎日食べられるごはんを作りたい。」
そんな想いからドットわんの商品は生まれました。
原材料は全て国産。合成添加物や保存料をいっさい使用しない安心安全なフードです。

下記8種類が入っています。
ドットわん ごはん  30g
ドットわん 鶏ごはん 30g
ドットわん 豚ごはん 30g
フリーズドライ チキン ミニ(15g)
フリーズドライ 納豆 ミニ(30g)
フリーズドライ チーズキューブ 5g
・カツオへそチップス 3g
・フルーツクッキー ブルーベリー 3枚

◎応募受付期間
3月21日(祝)22:00 ~ 3月24日(月)21:59

◎応募条件
お届け商品について、レビューを書いてくださる意思のある方

◎応募方法
下記よりお申込みください。


抽選結果は、3月25日(火)に当選者の方にメールにてご連絡させていただきます。
info@bonbon-dog.comから送信しますので、受信可能にしてお待ちください。




ブログランキングに参加中です。クリックお願いします↓↓
bn_mura bn_ninki
応援クリックいつもありがとうございます☆

こんにちは、店長のおはらです。

こちらは↓チェリーアイ再発前の、もさもさだいもん。

16

前回の記事の続きですが、、、何が起きたかというと、

工藤動物病院から帰ってから、なんだかちょっと元気ない・・・?と思っていたら)

だいもんが夕方にピンク色の胃液を吐いたのです(;´Д`)
(ちなみに、嘔吐後は元気!)

見てあまり気持ちいいものではないのではないですが
こちらも何かの参考になるかもしれないので写真を載せますね!
見たくない方は飛ばしてくださいまし~;













ちょっと小さめ写真で控えめに・・・(^^;
43

これまでお腹がすいて、朝方に透明な胃液を吐くということはあったのですが
夕方に、しかもピンクの胃液というのは初めて!

チェリーアイの件で、かかりつけの病院の先生に早めに相談しなきゃなぁ・・・
なんて思っていたのですが、
ピンクの胃液をラップに包んで急きょ診ていただくことにしましたε=ε=(;´Д`)

*****************************************************

まずはピンク色の胃液について。

試験紙で確認したところ、赤血球の反応。
ピンクの正体は、やっぱり血液でした。

触診したところ、手に感じるほどの異物は無い。
押さえて痛がるということも無い。

現状、元気であるということから、ちょっと胃酸を抑える薬をあげて様子をみましょう、とのこと。
もし嘔吐が続くようであれば、レントゲンやエコーで精密検査をすることに。

50
↑待合室で何かを警戒しているだいもん。。。


そしてチェリーアイについて。


「だいもんさん、ごめんねぇ。目を傷つけちゃったねぇ」
とだいもんに謝ってくれました。

次回もう一度手術をするとしたら、ポケット法に加えアンカー法を施し、糸の結び目は外に出す予定とのこと。

工藤動物病院で聞いた軟骨(Tボーン)の変形と、その場合の手術について聞くと、
これまでに軟骨にまで何かを施すという経験はないそう。

先生 「もしまた手術を行うとすれば、それはもちろん全力で頑張らせていただきますが、
     施術数から言っても、技術力でいえば眼科専門病院の方が上というのは間違いないと思います」

と言って、ご近所のオススメ眼科専門病院ありす動物クリニックをご紹介くださいました。

少し頼りないとは感じるものの、素直に謝ってくださったり、変に囲い込もうとせずに、
こうして”だいもんにとって良い治療は何か”という姿勢で考えてくださるのは
本当にありがたいものです(*´ー`*)

あと気になっていた全身麻酔について。
通常であれば2か月ほど間をあけるそう。
ただし、ずっとチェリーアイが出っぱなしなのも良くないので、
最低1か月ほどあけて血液検査をクリアできれば問題ないとのこと。


飲み薬をいただいて、本日は帰宅。
(帰って調べてみたら『ガスター10』でした。処方量は違うけど、人間のと同じ薬を使うのね~)

29_2

だいもん 「わかな、大丈夫??」

ピンクの胃液の原因は明確にわかりませんでしたが、
思っていたほど急を要するものではないようだったのでひとまずホッ。


でも異物を飲み込んだのではないとしたら、
胃腸が荒れている原因は・・・・・・


ストレス・・・???


・・・・・・

今朝の慣れない移動や緊張のはりつめた病院でのストレスはもちろん、
だいもんって、空気を読むし気を遣う子だし(ワンコは皆そうかもしれないですね)
もしかして、私の不安な気持ちがうつってしまったのかも・・・?

今日1日振り返ってみると、
私は自分の不安ばかりでいっぱいになっていました。
だいもんのことを見ているようで、実は本当の意味ではだいもんの気持ちに寄り添えてなかった。。。

はぁぁ・・・・・・大反省。

だいもん、教えてくれてありがとう。

私がしっかりしなきゃあ誰がするんだ!!!と気合いを入れ直したのでした(≧ヘ≦)


ブログランキングに参加中です。クリックお願いします↓↓
bn_mura bn_ninki
応援クリックいつもありがとうございます☆

こんにちは、店長のおはらです。

Bonbon(ボンボン)のネットショップが、スマートフォンにも対応いたしました!
http://bonbon-dog.com/


1959881_604218169656885_1884162227_n

スマートフォンでアクセスいただくと、自動的にスマートフォン用サイトが表示されます(^-^)
PC版でご覧になりたい場合には、画面最下部に『PC版』とありますので、そちらをクリックしてください。

どうぞごゆっくりお買物をお楽しみください♪ o(^v^o)


ブログランキングに参加中です。クリックお願いします↓↓
bn_mura bn_ninki
応援クリックいつもありがとうございます☆

こんにちは、店長のおはらです。

長らくブログの更新ができずにいました・・・

ひとまず、今だいもんのチェリーアイは落ち着いております!
皆さまご心配くださいましてありがとうございますm(_ _)m
P3142796

書きたいことは山ほどあったのですが、
だいもんのチェリーアイ再発と、ダンナが体調をくずしたため、
ダブル看病&通常業務でバタバタ(゚Д゚≡゚Д゚;)/ して _(:3」∠)_ 抜け殻化しておりました。

この間の出来事をちょっとずつご報告していきたいと思います。
写真を撮る余裕もなく、写真の数が少ないですがご了承ください(><)

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

チェリーアイ再発翌日。

昨晩診察を予約した、
東中野にある眼科専門の「工藤動物病院」で診てもらうために準備をしていたのですが・・・

一緒に行く予定だったダンナが38.5℃の高熱!!

ダンナの体調も心配、、、
だいもんもチェリーアイ出たまんまも心配、、、(;´Д`)

「自分(ダンナ)は大丈夫」とのことだったので、1人で行くことに。



しか~し、、、不安要素がたくさんの通院です。

不安要素その1。長距離移動

ご近所の病院であればなんてことないのですが、電車&徒歩で1時間かかる病院です。
(前回車で行った時には渋滞に巻き込まれ散々だったので - -;)


不安要素その2。初キャリー

成長して大きくなっただいもんに合わせ、新しいキャリーを購入しました。
慣れるように家の中で練習はしたのですが、実際に外出したのはこの日が初めて。
49
↑横に倒すとゆったりと寝れるキャリー。写真は練習中のもの。


不安要素その3。先生が・・・もごもごもご・・・

実は不安要素としてはこれが1番大きかったかもしれません。
こちらの病院では、必ず院長に診ていただけるのですが、
ちょっと押しが強いというか、クールというか・・・もごもごもご・・・なので、
あの独特な空気の中、1人で正しい判断ができるかと不安でした。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

ともあれ、まず移動!

00
↑前述の写真の、横向きの状態から立てるとこんな感じ。

家の中で動かす時には気にならなかったのだけれど、
荷台部分と、鞄部分がはずれる仕組みのキャリーで、連結させるためのバンドが少し貧弱のよう。

だいもんが慣れずに、中で暴れるのでガタガタ揺れる揺れる!!
荷台から(だいもんが入ってる)鞄が落ちるーーー!!(*∀*;)

冷や汗をかきながら、電車に乗り込み・・・
しばらく経つとだいもんも、どういうものか理解したようで
中で丸くなって大人しくしてくれました。

不安要素その1、その2はなんとかクリア。


そしていざ、ドキドキの診察です・・・


角膜炎はずいぶん良くなり順調◎。

問題のチェリーアイの再発の要因として考えられるのは
角膜炎をひきおこしていた、糸の結び目を切ったので、出やすくなっていた
●瞬膜などを支えているTボーン(軟骨)が変形している可能性がある

やはり再手術が必要とのこと。
そしてもしTボーン(軟骨)の変形が認められれば、医師の判断によるけれども、
その手術の際に削るか取るかすることになるとのこと。

手術をする場合の詳細説明が続くと思いきや、

院長 「(手術を)やってもいいけど、チェリーアイの手術は1か月待ちだし、地元の病院でやってもらったら?」


(・・・え??)

予想していない言葉にきょとーーーん。


以前の手術方法に若干問題があって角膜炎になり、こちらの病院で対応してもらったという背景も知っていて、
その処置方法も1つの要因かもしれないというのに
地元でやってもらったらというのは、無責任なのではーーー?!(((( ;゚д゚)))

・・・と、黒おはらの心の声が渦巻いている中(笑)、
院長はもう「話すことはない」と言った様子で、私が診療室から出るよう無言で促します。


こちらの病院は腕がとてもいいと聞いているし、、、。
だいもんにはできるだけ良い選択をしてあげたいので、食い下がる私。

おはら 「こちらの病院と、別の病院とで、どこで手術するのが良いのか迷っているのですが、
      手術方法などで何か気をつけておくポイントなどはありますか?」

院長  「どこの病院にするか決めるのはあなたでしょ!(半ギレ)」
     ピシャリ!!!

それはそうだけど、決めるための材料が欲しいから聞いてるんじゃないですかーーー!((泣))

49_2
↑待合室にて

だいもん 「わかなったら、ちょい半泣きになっちゃったらしいよw」

・・・(T_T)なんとも情けない話ですが、
元々ちょっと凹み気味だったのとなんだか悔しいのとで、こみあげてくるものがありました。


待合室にいらっしゃった飼い主さんが、何かを察したのか
「先生がちょっと・・・ねぇ。アレだけど、腕は確かなのよ~」
と励まして(?)くれました。

愚痴になっちゃいましたが、こちらの病院を悪く言いたいわけではないんですよ~(><;)
どういう経緯で決断に至ったかなど、クチコミだけではわかりづらい ニュアンスなどもお伝えできればと。
(かなり私の主観が入っていますが、その点はご容赦ください)

本当に、病院でお会いした方皆さん
口々に『腕は確か』とおっしゃるので、そうなんだと思います。

ただ、そうだとしても、ミスコミュニケーションで術前の説明が不足していたりなど
問題が発生しないだろうかという不安も、私の場合は大きくなったのでした。。。

ちなみに、工藤動物病院でチェリーアイの手術をする場合
1泊入院、片目で15~18万円ほどだそうです。
(幅があるのは、軟骨の処置が手術してみないとわからないため)


ひとまず、ここでは答えを出さずに、
かかりつけの(チェリーアイの手術をしてもらった)ドクターオザワ動物病院の先生に
相談してみることにしました。

不安要素その3は的中だったな・・・と、重い足取りで帰宅。


「さぁ、仕事するか~」と思ったところで、、、だいもんの様子が!!!(/TДT)/

19

後に、私は大反省することに。。。orz


今回は長くなってしまったので、次回お伝えさせていただきます~
(ひっぱっちゃってすみません;)

ブログランキングに参加中です。クリックお願いします↓↓
bn_mura bn_ninki
応援クリックいつもありがとうございます☆

↑このページのトップヘ