だいもん部長ブログ

垂れ耳さんのための【イヤーシュシュ】や、無添加ドッグフードなど
犬用品専門店【Bonbon(ボンボン)】の部長を務めるだいもんと、
店長おはらの日々の出来事を綴っていきます♪

無添加ドッグフードと犬用シャンプー通販専門店 ボンボン   良質なもののみを揃えた、わんこグッズのお店【ボンボン】
国産無添加ドッグフード、犬用ノンシリコンシャンプー、おもちゃ、フードボウル等など。              
ぜひあなたのパートナーに合ったものをお探しください♪
≫お店へ行ってみる♪

腰痛・椎間板ヘルニア

こんにちは、店長のおはらです♪

3か月ぶりに、椎間板ヘルニアの
定期健診に行ってきました!

P1019410
P1019411

だいもん「お久しぶりですね!」

健診が3か月ごとになったので
お久しぶりですねぇ~(^O^)

だいもん部長、ここで手術の痛い思いや
急な入院で寂しい思いをしたはずなのに
グイグイ引っ張って、
嬉しそうに病院に入っていきます(゚ロ゚;)

P1019412

だいもん「行っくよ~!」

さて、診察ですが。

P1019415

だいもん「あっという間でした。」

ほんと、冗談抜きで2分ほどでしたよ~
移動時間は往復で2時間かかるんですが(;^_^A

何の変化なのか、
いつもなら診察台に乗せるとブルブルして
「嫌ぁ~~!!助けて~~!!」
と私にしがみついてくるのに、
今日はえらく落ち着いていました(゚∇゚ ;)ビックリ

だいもん部長の腰の具合も順調ですし、
落ち着いていたのもあって
診察は大変スムーズに済みました。


1つだけ、コルセットについて相談しました。

最近、暑いというのもあって、
できるだけコルセットを
外してあげたいのだけれど、
実際どれぐらい外していていいのか?
ということ。

P1019407
▲分厚い服を着ているようなものですよねぇ

コルセットをしている方が
再発しにくいというのが前提なのですが
「コルセットをしていても、
 再発するときはしますしね…」と。

まぁ、そうですよねぇ・・・(´O`;)

それからコルセットに頼りきってしまうことで
背中の筋肉が落ちやすいということも
やはりあるそうです。

それに、体勢によっては
コルセットで圧迫される箇所があるので、
血流が悪そうなのも気になります。

とにかく、
激しく動いたりする可能性があるときや
散歩に行くときには必ず着けること。

それ以外の時は様子を見ながら…
という感じですね。

くれぐれも良くなっているからと
油断しないようにしなければ!( ̄‥ ̄)=3


・プロテクタブ
 (関節の健康維持のため。緑イ貝配合)
・ノイロビタン(ビタミン)
1日各1錠ずつのサプリは変わらず継続です。

P1019409

だいもん「よくわかんないけれど、楽しかったです~」

しかし今日は、
ほんと謎の上機嫌ぶりでした。。。

久しぶりの健診で、
病院の嫌さ(?)を忘れたのかなぁ?(´v`*)


<診察料>
再診料 500
ノイロビタン90日分 4,500
-------------------------------------
合計 5,400円(税込)


最後までおつきあいくださり
ありがとうございました(*^v^*)
↓のボタンを\ポチッ/と応援してくださると
更新の励みになります


bn_mura2 bn_ninki2


↓ だいもんが部長を務めているお店はこちら♪ ぜひお越しくださいね~(●´ω`●)

無添加ドッグフードの専門店 ボンボン
  http://bonbon-dog.com


▼イヤーシュシュのご注文はこちらからどうぞ♪


こんにちは、店長のおはらです♪

前回の記事では
椎間板ヘルニアの手術前後で、だいもん部長がどんな風に変化したか?
というのをお伝えしました。

今回は手術前後で、
生活環境の変化や工夫していること等を
お伝えしたいと思います。

P1018544
・・・・・・・・・・

手術前後で変わったこと
~生活環境編~


1.インテリアを見直した

椎間板ヘルニアの予備軍があるだいもんには、
再発を防止するため、とにかく腰に負担がかかる
体勢にならないことが重要!

img20171117_09335486
↑このイラストにあるようなものは極力避けます。

足を滑らせないように、だいもんが
行動する範囲はタイルカーペットを敷き、

以前は一緒に寝ていたベッドも
上れないように手前にフェンスを設置。

ソファは撤去してフロアクッションに変更しました。

P1013326

2.しつけをし直した

先ほどの話に関連しますが、
とにかく腰に負担のかかる体勢を取らないように
だいもん自身にも協力してもらうことにしました。

P1018546

階段の前では必ず止まる。
(階段は抱っこで移動し、昇降させない)

嬉しくなったりおやつを食べる時など
後ろ足で立ちそうになったら「おすわり」

今まで上ってもOKにしていた場所にも
上らないように、登ろうとしたら「ダメ!」

…などなど。


最初は可哀そうですが、
だいもんは何度か繰り返せば
ルールとして覚え直してくれるので
助かりました(*´Д`)


3.サプリメントを毎日飲むようになった

だいもん部長は柔らかな軟骨を作るのが
下手っぴな体質だそう。

お医者様のオススメでサプリメントと
ビタミン剤を飲んでいます。

45

【左】プロテクタブ 1日1錠
【右】ノイロビタン 1日1錠

プロテクタブは軟骨成分の合成機能に役立つ
グルコサミンや緑イ貝から抽出されたETA、
軟骨に弾力を与えてくれる
発酵コラーゲンなどが入っているそう。

柔らかな軟骨づくりの助けになっていると
良いんですが(´ω`*)


4.コルセットを着るようになった

だいもんの身体に合わせてオーダーメイドされた
コルセット(エスツーコルセット)。

P1018530

軽度の椎間板ヘルニアの場合、
コルセットを着用して安静にし、
治ったら外す子も多い中、

だいもんの場合はCTで
予備軍が複数見つかっていて、
再発しやすいことから
”一生コルセット生活”を勧められました。

最初は衝撃でしたが
このコルセットのおかげでリハビリもスムーズにでき
だいもんも私たちも次第に慣れて
だいもんの腰を守ってくれるモノとして
無くてはならないものとなりました(*^-^*)

通気のため1日に1度外します。
最初は1日に10分だけでしたが、
現在は足腰がずいぶんとしっかりしてきたので
夜寝る間は外すようにしています。

密着している分暑いので夏場は気を使うのと、
立位に合わせてサイズを調節すると
寝る体勢では食い込み気味になってしまい
血流が悪くなりそうなので、
今後はできるだけ外す時間を
増やしていきたいなと思っています。


5.キャリーバッグからカートへ

以前はずっと移動には
↓キャリーバッグを使用していたのですが

30

動いている間、ずっと踏ん張っていたり、
振動がかなり響くので
だいもんの腰にはよくないなということで
カートに変更しました。

1

これが大正解!

キャリーバッグに比べると
だいもんはリラックスできるし、
私も少しの力でだいもんと気軽に移動できるし、
多少の荷物なら一緒に乗せることができます。

IMG_20180415_182557

例えばレストランに出かけても
ほぼ同じ高さなので
様子を見ながら食事ができますし
安心して過ごせます。

最初は「過保護に見られるんじゃないか…」と
気になり抵抗感がありましたが
それ以上のメリットが充分にありました(*^_^*)


6.バスマットを敷いてシャンプー

浴室の床はツルツルなので
どうしても滑ってしまい
しっかりと立てません。

通常、浴室の外に敷く布製のバスマットを
浴室に敷き、その上でシャンプーしています。


7.体高に合った食器スタンド

身体に負担をかけないための食器スタンドが
あることは勿論知っていましたが、
実は「野生の動物って直接食べてるし、
そんな無理な体勢では無いんじゃないの?」
なんて恥ずかしながら思っていたんです(;^_^A

でもだいもん部長が軽い腰痛を起こした時のこと。
(完全な椎間板ヘルニアになる前)

フードボウルを床置きにしてご飯を食べた後
腰を痛そうにしていたことがあったんです。

床置きは本当に体に負担がかかるんだ!Σ(゚д゚;)
と実感したのでした。

1

それからは旅行先でも必ず
だいもんが食べやすい高さにして
ご飯をあげるようにしています。


8.長時間お留守番をさせないようになった

分離不安がひどくなっただいもん部長。
その日の心理状態にもよりますが、
2時間を超えると、途端に悲痛な叫びのような
遠吠えをする回数が増えます。

P1018540

どうにかストレスが減らないかと
トレーナーさんに相談したりしながら
試行錯誤していますが、
まだこれといった策は見つからず…。

基本的には2時間以上は
お留守番させないようにしています。

・・・・・・・・・・

…などなど。
抱っこの回数が増えて腰が痛いとか(笑)
他にも小さなことは多々ありますが
わかりやすい変化としてはこのような感じです!


今回、なぜこんな風にまとめたかというと、
椎間板ヘルニアになられた方の
参考になればというのも勿論ありますが、

それよりも
まだなっていない子が椎間板ヘルニアにならないように
オーナーさんに予防していただきたい!!

という想いで書きました。

なってしまうワンコは1番可哀そうです。
(もう二度と苦しむだいもんは見たくありません‼)

そしてそれに伴う経済的負担、
長いリハビリを忍耐強く行うこと、
生活環境の変化に対応すること、、、
正直言って大変なんです。

まだなっていない子を守れるのは
オーナーさんしかいません。

だいもんのように、椎間板ヘルニアに
なりやすい体質の子もいますが
普段の生活を見直せば
できるだけなりにくくすることは
可能な病気だと思います。

特になりやすい犬種のワンコには
身体の負担を減らすように躾をし直したり
高い場所をできるだけ減らしたり
適切な体重にする などなど
できることはたくさんあると思います。

我が家のようになったら大変だなぁと、、、
ある意味反面教師にして、
楽しく健康な毎日のために
活かしていただければ幸いです!(*^-^*)


最後までおつきあいくださり
ありがとうございました(*^v^*)
↓のボタンを\ポチッ/と応援してくださると
更新の励みになります


bn_mura2 bn_ninki2


↓ だいもんが部長を務めているお店はこちら♪ ぜひお越しくださいね~(●´ω`●)

無添加ドッグフードの専門店 ボンボン
  http://bonbon-dog.com


▼ひんやりクールネックのご注文はこちらからどうぞ♪


▼イヤーシュシュのご注文はこちらからどうぞ♪


こんにちは、店長のおはらです♪

だいもん部長が椎間板ヘルニアの手術をし、
退院してから1年が経ちました!

P1018549

椎間板ヘルニアになってから変化したこと、
今だから思うことがたくさんあるので、
1年という区切りにまとめたいと思います(^_^)/

・・・・・・・・・・

まずは痛みの発生からこれまでを
時系列で振り返ってみました( ..)φ

2017年
3月31日 痛み発生(グレード1)
  ↓  かかりつけ病院(A)にてレントゲン
  ↓  内科療法
4月2日 処方の薬で痛みのコントロールができず
  ↓  別の病院(B)へ
  ↓  内科療法、ケージレスト
4月15日 回復、散歩再開

4月25日 再び痛み発生(グレード1)
4月26日 後ろ足に麻痺発生(グレード2~3)
  ↓  病院(B)へ
  ↓  内科療法、ケージレスト
4月27日 排尿、排便に難あり(グレード3~4)
4月29日 専門病院(C)にてCT&MRI検査
    「椎間板ヘルニア」と断定、手術
  ↓  入院&リハビリ
5月20日 退院 消炎剤&ビタミン剤を服用
  ↓  自宅でリハビリ
6月20日 だいもん4歳
  ↓  順調に回復
7月9日  散歩解禁 サプリ&ビタミン剤へ
     順調に回復

2018年
1月28日 寒さによる足の突っ張り(軽度)
  ↓  数日で回復
5月23日 現在

・・・・・・・・・・

手術前後で変わったこと
~だいもん編~


1.より甘えん坊に。分離不安がひどくなった

3週間の入院生活は、
だいもんにしてみたら突然のできごとで
もの凄く寂しい経験だったよう。

退院直後は隣の部屋に離れるだけで鳴くぐらい
不安になりやすくなってしまいました。

より甘えん坊に、
そして元々苦手だったお留守番が
更に苦手になってしまいました( ;∀;)

P1018545

だいもん「お留守番嫌~い。。。」


2.ブルブルが増えた

おそらくコルセットのせいかなと思いますが、
ブルブルの回数が(体感知としては)
5倍ぐらい増えました!

ことあるごとにブルブルブル!!!

術後は足腰が安定していないので
ブルブルの後、よくこけていました(*_*;

▼退院した日

1分の間に3回ブルブルしてますね(*´Д`)

結構な勢いでこけることがあるので、
ブルブルしそうな気配を察知すると
だいもんのお尻側からお股に手をあてて
こけないように支えるということを
よくしていました(笑)

最近では後ろ足で踏ん張れるので
こけることは無くなりましたが
術前に比べるとよくブルブルしています。


3.背中が曲がった

患部と思われる部分から
カクンとお尻が下がっています。

▼手術から2か月後
P1013154

▼手術から約1年と1か月(今日)
P1018537

だいもん「だいぶん真っすぐになったでしょ?」

後ろ足の角度のせいもありますが
1年経ち、曲がり具合は緩やかになりました!


4.トイレが下手っぴになった

後ろ足が前のように踏ん張れないため
お尻が下がりやすく、
おしっこが前足にかかりやすくなりました。

P1013298
↑濡れた足ですぐにカーペットに上がらないよう
通路を設けています(笑)

でもこれも、退院直後よりも
随分と改善されましたし、

後ろ足が麻痺して、自分では全く排泄を
コントロールできなかった時を思い出すと
自分でおしっこもうんにょも出来るようになって
凄い!!と思います(・´v`・)


5.歩き方が変わった

下半身麻痺にまでなったので
歩き方が変わるのは当たり前なんですが、
一応記録しておこうと思います(*'ω'*)

▼椎間板ヘルニアになる前


改めて見ると、膝も柔らかく
滑らかだなぁと思います。

▼手術から9か月後

だいもん部長さん(@daimon.bonbon)がシェアした投稿 -


比べると左右にえっちらおっちら、
小走りになったときに
ぴょんこぴょんことウサギ飛びになる感じ。

こんな動きも一生懸命で
可愛いんですけれど(●´ω`●)

ここまで歩けるようになるとは
思いもよらなかったので…
本当に皆さんのおかげと、
だいもんの頑張りの賜物だなと思います!


次回は、手術前後の生活環境の変化と、
今になって思うこと等まとめますヾ(=^▽^=)ノ


最後までおつきあいくださり
ありがとうございました(*^v^*)
↓のボタンを\ポチッ/と応援してくださると
更新の励みになります


bn_mura2 bn_ninki2


↓ だいもんが部長を務めているお店はこちら♪ ぜひお越しくださいね~(●´ω`●)

無添加ドッグフードの専門店 ボンボン
  http://bonbon-dog.com


▼ひんやりクールネックのご注文はこちらからどうぞ♪


▼イヤーシュシュのご注文はこちらからどうぞ♪


↑このページのトップヘ