だいもん部長ブログ

垂れ耳さんのための【イヤーシュシュ】や、無添加ドッグフードなど
犬用品専門店【Bonbon(ボンボン)】の部長を務めるだいもんと、
店長おはらの日々の出来事を綴っていきます♪

無添加ドッグフードと犬用シャンプー通販専門店 ボンボン   良質なもののみを揃えた、わんこグッズのお店【ボンボン】
国産無添加ドッグフード、犬用ノンシリコンシャンプー、おもちゃ、フードボウル等など。              
ぜひあなたのパートナーに合ったものをお探しください♪
≫お店へ行ってみる♪

病院

こんにちは、店長のおはらです。

長らくブログの更新ができずにいました・・・

ひとまず、今だいもんのチェリーアイは落ち着いております!
皆さまご心配くださいましてありがとうございますm(_ _)m
P3142796

書きたいことは山ほどあったのですが、
だいもんのチェリーアイ再発と、ダンナが体調をくずしたため、
ダブル看病&通常業務でバタバタ(゚Д゚≡゚Д゚;)/ して _(:3」∠)_ 抜け殻化しておりました。

この間の出来事をちょっとずつご報告していきたいと思います。
写真を撮る余裕もなく、写真の数が少ないですがご了承ください(><)

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

チェリーアイ再発翌日。

昨晩診察を予約した、
東中野にある眼科専門の「工藤動物病院」で診てもらうために準備をしていたのですが・・・

一緒に行く予定だったダンナが38.5℃の高熱!!

ダンナの体調も心配、、、
だいもんもチェリーアイ出たまんまも心配、、、(;´Д`)

「自分(ダンナ)は大丈夫」とのことだったので、1人で行くことに。



しか~し、、、不安要素がたくさんの通院です。

不安要素その1。長距離移動

ご近所の病院であればなんてことないのですが、電車&徒歩で1時間かかる病院です。
(前回車で行った時には渋滞に巻き込まれ散々だったので - -;)


不安要素その2。初キャリー

成長して大きくなっただいもんに合わせ、新しいキャリーを購入しました。
慣れるように家の中で練習はしたのですが、実際に外出したのはこの日が初めて。
49
↑横に倒すとゆったりと寝れるキャリー。写真は練習中のもの。


不安要素その3。先生が・・・もごもごもご・・・

実は不安要素としてはこれが1番大きかったかもしれません。
こちらの病院では、必ず院長に診ていただけるのですが、
ちょっと押しが強いというか、クールというか・・・もごもごもご・・・なので、
あの独特な空気の中、1人で正しい判断ができるかと不安でした。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

ともあれ、まず移動!

00
↑前述の写真の、横向きの状態から立てるとこんな感じ。

家の中で動かす時には気にならなかったのだけれど、
荷台部分と、鞄部分がはずれる仕組みのキャリーで、連結させるためのバンドが少し貧弱のよう。

だいもんが慣れずに、中で暴れるのでガタガタ揺れる揺れる!!
荷台から(だいもんが入ってる)鞄が落ちるーーー!!(*∀*;)

冷や汗をかきながら、電車に乗り込み・・・
しばらく経つとだいもんも、どういうものか理解したようで
中で丸くなって大人しくしてくれました。

不安要素その1、その2はなんとかクリア。


そしていざ、ドキドキの診察です・・・


角膜炎はずいぶん良くなり順調◎。

問題のチェリーアイの再発の要因として考えられるのは
角膜炎をひきおこしていた、糸の結び目を切ったので、出やすくなっていた
●瞬膜などを支えているTボーン(軟骨)が変形している可能性がある

やはり再手術が必要とのこと。
そしてもしTボーン(軟骨)の変形が認められれば、医師の判断によるけれども、
その手術の際に削るか取るかすることになるとのこと。

手術をする場合の詳細説明が続くと思いきや、

院長 「(手術を)やってもいいけど、チェリーアイの手術は1か月待ちだし、地元の病院でやってもらったら?」


(・・・え??)

予想していない言葉にきょとーーーん。


以前の手術方法に若干問題があって角膜炎になり、こちらの病院で対応してもらったという背景も知っていて、
その処置方法も1つの要因かもしれないというのに
地元でやってもらったらというのは、無責任なのではーーー?!(((( ;゚д゚)))

・・・と、黒おはらの心の声が渦巻いている中(笑)、
院長はもう「話すことはない」と言った様子で、私が診療室から出るよう無言で促します。


こちらの病院は腕がとてもいいと聞いているし、、、。
だいもんにはできるだけ良い選択をしてあげたいので、食い下がる私。

おはら 「こちらの病院と、別の病院とで、どこで手術するのが良いのか迷っているのですが、
      手術方法などで何か気をつけておくポイントなどはありますか?」

院長  「どこの病院にするか決めるのはあなたでしょ!(半ギレ)」
     ピシャリ!!!

それはそうだけど、決めるための材料が欲しいから聞いてるんじゃないですかーーー!((泣))

49_2
↑待合室にて

だいもん 「わかなったら、ちょい半泣きになっちゃったらしいよw」

・・・(T_T)なんとも情けない話ですが、
元々ちょっと凹み気味だったのとなんだか悔しいのとで、こみあげてくるものがありました。


待合室にいらっしゃった飼い主さんが、何かを察したのか
「先生がちょっと・・・ねぇ。アレだけど、腕は確かなのよ~」
と励まして(?)くれました。

愚痴になっちゃいましたが、こちらの病院を悪く言いたいわけではないんですよ~(><;)
どういう経緯で決断に至ったかなど、クチコミだけではわかりづらい ニュアンスなどもお伝えできればと。
(かなり私の主観が入っていますが、その点はご容赦ください)

本当に、病院でお会いした方皆さん
口々に『腕は確か』とおっしゃるので、そうなんだと思います。

ただ、そうだとしても、ミスコミュニケーションで術前の説明が不足していたりなど
問題が発生しないだろうかという不安も、私の場合は大きくなったのでした。。。

ちなみに、工藤動物病院でチェリーアイの手術をする場合
1泊入院、片目で15~18万円ほどだそうです。
(幅があるのは、軟骨の処置が手術してみないとわからないため)


ひとまず、ここでは答えを出さずに、
かかりつけの(チェリーアイの手術をしてもらった)ドクターオザワ動物病院の先生に
相談してみることにしました。

不安要素その3は的中だったな・・・と、重い足取りで帰宅。


「さぁ、仕事するか~」と思ったところで、、、だいもんの様子が!!!(/TДT)/

19

後に、私は大反省することに。。。orz


今回は長くなってしまったので、次回お伝えさせていただきます~
(ひっぱっちゃってすみません;)

ブログランキングに参加中です。クリックお願いします↓↓
bn_mura bn_ninki
応援クリックいつもありがとうございます☆

こんにちは、店長のおはらです。

目の観察は毎日何度もしているのですが、目の表面の白濁がどうも濃くなっているよう。
つい3日前に病院で診ていただいた時には、「大丈夫でしょう」というこのだったのだけれど、
昨日、何となく嫌な予感がしてネットで色々調べてみました。

だいもんの症状と情報を照らし合わせると、角膜炎が疑わしい…

「酷くなると失明の可能性」

………!!?Σ(ll゚д゚ll


いてもたってもいられず、かかりつけの病院に電話しました。
予約が取れるのは翌日の夕方ということで、ひとまず予約をしましたが、、、

なんとか早く診てもらいたいといてもたってもいられず、
犬の眼科専門の工藤動物病院に翌日の午前で予約を入れました。

画像1
↑今朝の様子。

目頭の方が白くなっているのがわかりますか?
この写真ではよくわかりませんが、白くなっている中心が今朝は赤くなっていました。
黒目が赤くなるのを見たのは初めてでびっくり!!!
この2、3日の目の調子を見ても、変化が速く、「なんとか間に合ってー!」と祈るような気持ちでした。


検査の結果、やはり角膜炎。
目は見えている、涙の量も正常、眼圧も正常。
目を傷つけていた原因は、チェリーアイ手術の糸の結び目でした。

大勢の先生に抑えられて、麻酔もなしにその場で、傷つけている部分の糸を切るという処置をとっていただきました。
(元々溶ける糸で、手術から10日が経っていたこともあり
 組織がくっついているので切っても大丈夫とのこと)

切りとった糸を見せていただきましたが、本当に小さい”点”。
でも顕微鏡で見てみるとしっかりと糸の結び目があり、先も尖っていました。
ずっと黒目にあたっていて、痛かっただろうなぁ・・・

院長 「ポケット法の手術自体はうまくいっているし、教科書でも一応OKという糸の太さ。
     一般の病院で顕微鏡なしだと、まぁここが限界でしょう。ちょっと運が悪かった。」

眼科専門の病院だと、目を傷つけることがないように、
細い糸を使って顕微鏡で手術をし、結び目は瞬膜の外側に出すのだそうです。

抗菌剤の点眼して2週間もすれば、角膜炎も治るでしょうとのこと。


はぁ~。。。手遅れにならず本当によかった。

画像1
↑診察が終わった後、病院前にて。本人もちょっとスッキリ顔??

画像1

↑今回処方してもらった目薬。1日2回点眼します。
「ニューキノロン系抗菌剤 ロメワン(塩酸ロメフロキサシン眼科耳科溶液)」

これまで処方してもらっていた目薬は、どれも直後に腫れていたので、
腫れないかどうかを診察時に試してもらってから処方してもらいました。

画像1

帰りの車の中では、疲れてカゴの中でぐっすり(ぐったり?)。

4人の先生に有無を言わさず抑えられて、目を触られて、きっと怖い体験だったに違いない。
よく頑張りました~~~!お疲れさま。


************

今回は、学ぶことがたくさんありました。

◎異変に気づいたら、すぐにできるところから調べてみること
 これはダンナのうけうりですが、調べているうちに色んな情報が入ってきます。
 だいもんの症状→結膜炎の情報→眼科専門の病院→クチコミで中でも良い病院→予約
 ・・・という風に、ネットで調べることによって、行動が進んでいきました。
 もちろん、全ての情報が正しいかどうかはわかりませんが
 情報を入れたことで、すばやく行動することができ、「手遅れになる」というのを未然に防げたと思います。

◎”かかりつけ”のために、通いやすい病院という選定の方法もあるけれど、
 まずは症状に合った専門病院がないか確認してみること

 今回チェリーアイの手術をしてくださった病院でも、チェリーアイの手術実績はありましたし、
 最善を尽くしてくださっていたと思います。
 でも、やはり専門でされているところとのスキルや設備の差というのは大きいと感じました。
 (恥ずかしながら、犬の眼科専門の病院があるとは初めて知りました)

************

参考になる方もいらっしゃると思うため、今回も費用を記載しておきます。
≫前回のチェリーアイ&去勢手術の費用はこちら

初診料    3,200円
処方料     500円
処置料    8,000円 ・・・糸切除
検査料    8,300円 ・・・眼圧、涙の量、見えているかどうかの確認 等
外用薬    3,000円 ・・・目薬
注射処置料 3,500円
------------------------------
合計(税込) 27,825円


今は、目の調子が悪い原因がわかり処置をしてもらって、
治る方向に向かっているであろうという安堵感と、
だいもんには辛い思いをさせてしまったなぁ・・・という反省の気持ちでいっぱいです。

今回、急きょ病院へ行くことになり、
リスケジュールを快諾してくれたクライアントさん、
予定を調整して終始一緒に対応してくれたダンナ、
エリザベスカラーで移動がし辛いために車を貸してくれた両親、本当にありがとうございました!!!


ブログランキングに参加中です。クリックお願いします↓↓
bn_mura bn_ninki
応援クリックいつもありがとうございます☆

こんにちは、店長のおはらです。

今朝も目が腫れて、大量の目やにが出てます~(: ;)

昨日、消炎剤の点眼をして腫れたようだったのだけれど、
気のせいなのかどうなのかを確かめるためにも
朝、消炎剤の点眼をさしてみると・・・

32

や、、、やっぱり腫れてるーーー

手術した右目は左目に比べててショボショボしてます。

12_2

今日は退院の日から予定していた去勢手術の抜糸の日。

抜糸と一緒に、目についても診てもらいました!

画像1
↑先生が抱っこしたわけではなく、だいもんから先生に乗っかってこの状態(^^;

去勢手術の抜糸は一瞬でした。
パツン、パツン、パツン と糸を切って終了。
「えっ?!もう終わったんですか?!(゚∇゚ ;)!?」と思わず言ってしまいました。
こちらは問題なし!

18
↑抜糸後。糸の跡がほんの少し見える程度。オマタの写真も今日でおしまいです(笑)

目の方は、朝から診ていただいた11時までの間に腫れがひいていたことを考えても、
許容範囲内でしょうとのこと。

消炎剤の点眼後に腫れるという点については、
溶ける糸を使っているので、もしかするとその成分などの影響の可能性も無くはないかも・・・
ということで、消炎剤の点眼はやめて、抗生物質の点眼だけを2週間続けることに。

目を気にして手でカイカイすることがあるので、
エリザベスカラーはあと1週間程度継続。

画像1

だいもん 「残念です・・・」

ともあれ、去勢手術の方は予後問題なく完了!
2つの手術のうち、1つを無事終えることができて私も一安心。

10_2

目の方は、じっくり様子を見ながら治していこうね~~~


ブログランキングに参加中です。クリックお願いします↓↓
bn_mura bn_ninki
応援クリックいつもありがとうございます☆

↑このページのトップヘ